• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

大学院生の活動

博士論文リスト

年度 氏名 題目
2016 藤高 直之 民生委員児童委員が担う子育て支援活動の効果についての考察 ― 民生委員児童委員の子育てサロン活動を中心として ― A study of the effects of child care support activities of Minsei-iin-Jido-iin
ー Around the child care salon activities Minsei-iin-Jido-iin ー
平田 勇人 信義則とその基層にあるもの The Principle of Good Faith and What Underlies the Principle
阿久津 三香子 アーノルト・シェーンベルク オペラ《モーセとアロン》:
集合体という人格の表象
ー 合唱による表現の可能性 ー
Opera Moses und Aron of Arnold Schoenberg : representation of a character as the mass ー possibility of the expression by a chorus ー
2015 塩谷 祐人 現代「フランス」文学における亡命文学の意義と役割
ミラン・クンデラ、アンドレイ・マキーヌ、アゴタ・クリストフを中心に
Milan Kundera, Andreï Makine et Agota Kristof La Fonction des écrivains exilés dans la littérature ≪française≫contemporaine.
和田 みき子 自由主義経済学者、猪間驥一の人口問題研究およびその近代史認識
――1920〜1940年代の考察――
Liberal economist INOMA Kiichi’s Studies on the population problem and his recognition of Japan’s modern history from the 1920s through the 1940s
二階堂 祐子 生きられる障害と出生前に検出される障害
――障害のある女性/男性の語る妊娠と出生前検査――
The lived experience of disability and the detection of fetal impairment: Discourse on pregnancy and prenatal testing by disabled people
稗田 里香 一般医療機関におけるアルコール関連問題ソーシャルワークの実践理論生成に向けた実証研究 Empirical Research for Social Work Practice Theory Generation of Alcohol-related Problems in the General Hospital
請園 正敏 社会的促進及び抑制の発生機序の解明と理論構築
〜Zajonc動因説を越えて〜
Theoretical re-construction of social facilitation and Inhibition:
Going beyond Zajonc’s drive theory
2014 有道 出人 『構造的人種主義』:
日本における人種差別の社会的ダイナミックの批評的考察
Embedded Racism: A Critical Analysis of the Structural Dynamics
Behind Racial Discrimination in Japan
ASRA VIRGIANITA The Role of Civil Society Organisations in Democratic Transition:
The Case of International Democracy Assistance to Domestic
Election Monitoring Organisations (DEMOs) in Indonesia
民主化移行期における市民社会団体の役割
―インドネシアの選挙監視団体に対する国際的な民主化支援を事例として―
中村 和生 ポスト分析的エスノメソドロジーの展望と展開
―科学実践の理解可能性の探究―
The perspective and development of the post-analytic ethnomethodology:
investigations of the intelligibility of scientific practices
2013 久保 絵里麻 鈴木鎮一と才能教育
−その形成史と本質の解明−
Shin’ichi Suzuki and Talent Education: On the Formative Period and its Principles of his Philosophy
手代木 俊一 明治と賛美歌 明治期プロテスタント賛美歌・聖歌の諸相 The Meiji Era and Hymns:
Aspects of Protestant Christian Hymns in the Meiji Era
2012 小林 幸子 リヒャルト・ワーグナーの初期作品研究
〜外的影響と創造性の萌芽に見る創作理念の原点〜
Research on Richard Wagner’s Early Works:
The Origin of His Work Principle in Relation with
the External Influence and His Germination of Creativeness
2011 佐藤 仁美 ジェルジ・リゲティの初期声楽作品
― 一次資料研究による新たな展望 ―
György Ligeti's Early Vocal Works
― A New Perspective through the Study of the
Preliminary Materials ―
中内 幸雄 ヘンデルのオラトリオ《メサィア》−分析と演奏解釈− Georg Friedrich HÄNDEL’s ORATORIO MESSIAH:
Analysis and Interpretation
2010 加藤 拓未 ゲオルク・フィリップ・テレマンとハンブルクに
おける受難曲の伝統
―1722から1754年までの礼拝用受難曲における
テレマンの創意―
Georg Philipp Telemann and
the Tradition of Passion Music in Hamburg
― His Original Ideas in the Liturgical Passions
from 1722 to 1754 ―
盛田 茂 1990年代以降の「シンガポール映画再生」
言説の再評価と課題
The Revitalization of Singaporean Films
since the 1990’s
― The Reevaluation and the Challenges ―
2009 寺本 圭佑 18世紀アイルランドのハープ音楽
−その興亡の資料的検証
The rise and fall of the Irish harp music
in the eighteenth century
2008 崔 盛旭 戦時下の今井正作品研究 Study of Imai Tadashi’s Wartime Films
2003 皆川 達夫 『洋楽渡来考』 Reception of Western Music in Japan
in the Sixteenth & Seventeenth Centuries

page top pagetop