• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

大学院生の活動

芸術学専攻学生のアクティビティー

国際音楽学会東アジア部会での研究発表を終えて 昇拓哉(明治学院大学大学院 文学研究科芸術学専攻 博士後期課程2年)

 第2回国際音楽学会東アジア部会が2013年10月18-20日に国立台湾大学にて開催され、明治学院大学大学院文学研究科より助成金を得て参加させていただきました。「流動的な世界秩序における音楽」というテーマの下、グローバル社会における音楽の多様性についての研究成果が発表されました。日本や台湾、韓国、中国、オーストラリア、アメリカなどから100名以上の研究者が集まり、テーマごとのセッションで発表を行いました。発表言語は英語で、時間は20分、質疑応答が10分でした。初日のオープニングセレモニーでは台湾の室内音楽である「南管」の演奏があり、最終日は台湾原住民のブヌン族による合唱で盛大なクロージングとなりました。

 発表者募集から閉会まで、本部会の運営は周到かつ柔軟なものでした。メールでの質問には即答していただき、発表当日は台湾大学の学生が丁寧にサポートをしてくださいました。このため、私にとって初めての学会発表を首尾よく終えることができました。

 私は日本の西洋音楽受容というセッションで、明治期に日本で演奏された西洋声楽作品の歌詞に関する研究成果を発表しました。事前に司会の先生に発表原稿をお送りした上で、当日は進行や発表者紹介、質問、コメントなどのサポートをしていただきました。国外における日本の唱歌教育に関してなど、フロアからも自分には思いもよらなかった視点からの質問や意見を多くいただきました。

 各セッション間の休憩時間にはコーヒーやお菓子が振る舞われ、そこでも活発な意見交換や質問が行われました。また、部会二日目の夜には食事会があり、自分と関連する分野の研究者や関心を持った発表者と面識を持ち、貴重な指摘を受けることができました。こうして築かれた人とのつながりが今後の研究を更に発展させていくのだと実感しました。

 このような研究者間の距離が近いオープンな環境が本部会の利点の一つです。また、東アジアにおける音楽研究の水準の高さと多様さに圧倒されました。全体を通して、今後の研究の展望が開けたこと、そして自分の研究の意義を再認識できたことが最大の収穫となりました。

page top pagetop